« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

気の早い話

去年のGWの旅は、念願だった広島&四国

初めてのロングのお出かけ、ブロ友さんとも会い、美味しい牡蠣やうどんも堪能して♪

充実感いっぱいで帰路につきました。

その時から考えてました。次のロングは…

( ̄ー ̄)ニヤリ

P1020485


とっても美味しそうな九州~\(^o^)/

食べたいものだらけです!!

先月からコレを眺めてニヤニヤしてます。

パパが、行きたいところを書きだしときな~と言うので

とりあえず食べたいモノを書きだしておきましたsmile

それを基にパパが詰め詰めて立てた旅の工程表は

観光3か所、それ以外は道の駅と食べ物屋さんの名前ばっかりでした(笑)

妻の行きたいところを最優先した結果でしょう。なんて優しいお父さん。

食っちゃ寝食っちゃ寝の最高プラン。でも、また太っちゃうじゃ~んpig

せっかく遠くまで行くんだし、もうちょっと観光しようかと

詳しいガイド誌を

P1020544


図書館で借りてきました。九州って広いのね。

見どころ満載だし、食べたいもの盛りだくさん。

黒川温泉めぐりもしてみたい!けど、息子がふやけちゃうな~きっとcoldsweats01

移動に片道丸1日かかるでしょ。滞在できるのは4日くらい?

迷うな~。何を食べ…いや、どこを見るのか厳選しなくちゃだわ~up

| | コメント (16) | トラックバック (0)

東京ラスク 伊豆ファクトリーへ

先週末、雪国のお天気が悪そうだったので、予定を変更して地元、伊豆探索へ。

狩野川沿いに、のどかな田園風景を見ながら山へ山へ…

以前から先輩ファミリーにおススメいただいていた、伊豆市(旧 天城湯ヶ島町)にある、東京ラスク、伊豆ファクトリーに到着。

P1020487


一歩店内へ入ると、甘ーい香り!幸せな気持ちになりますsmile

P1020492

いろんな種類のラスクが売っていて、どれにする~?と、迷ってしまいそうですが大丈夫sign01

店内は、試食コーナーと

P1020495_2

オレンジジュース、コーヒー、お茶などの、無料ドリンクコーナーがありますlovely

P1020493_3

店内やオープンテラスでも自由に休憩できて、ゆっくりできていい感じでしたgood

売り場と同じフロアーに工場が併設されていて、ガラス越しに見学もできます。

土日でラインが違うらしく、この日はコロコロラスク。

息子がずっと見ていたのがコレ

自動で縦長にスライスされたパンを

P1020523

さらに自動でサイコロ状に~。でっかいボウルに落ちてゆきます。

P1020519_2


その後、人の手でまぜまぜする工程が見れます。

息子はこの機械が気に入ったらしく、へばりついてずっと見ていました。

そのすぐ横には体験コーナーがあり、コロコロラスク作りが体験できます。

P1020494

「僕やりたーい!」というので、親子でチャレンジ。500円也。

材料はコレ。パンとバター(中に何か入ってたかも…)と、思ったより多めなグラニュー糖

P1020502


まぜまぜするだけなので、大人が一緒なら4歳児でも楽しめますよ~。

P1020510_3

後は先生がオーブンで焼いてくれます。19分したら焼き上がり♪

P1020526

熱々のまま、店内のテーブルでいただけます。香ばしくて、サクサクしてて、美味しい!

P1020527_2

残った分は袋をいただいてお持ち帰りしました。

僕が作ったの、ばぁばのお土産にするんだ~♪ご満悦です( ´艸`)プププ

P1020536

商品を購入してもだいたい500円位はするので、お値段的にもいいかな~と思います。

我が家は試食して気に入った、コロコロラスクのバジルとシナモンを購入。一緒に先輩方おススメのこちら

P1020538

ラスクパンも購入してきました。

朝、軽くトーストして食べてます。サックサクで美味しいですgood

ちなみに入口付近には、お野菜売り場が

P1020489_2


駐車場にはしいたけの足湯がありました。リアル~(笑)

P1020539


そうそう、こちらの建物は合併で使わなくなった役場を改装して利用しているそうです。

おトイレは2階にありますが、普通に役場っぽい(笑)会議室なんてあったりして~。

我が家はやりませんでしたが、卓球スペースもあるみたいですよ。

リーズナブルに過ごせて、けっこう楽しめました。

伊豆にお越しの際は、ぜひ足をお運びください~happy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

キッズエプロン

お友達に、センスが良くて手作りするもの、ブログの写真、お家のインテリアまで、とにかく素敵なママさんがいます。

そんなお友達のブログに、かわいらしいキッズエプロンがアップされてました。

かわいいな~heart01と眺めていたのですが、ちょうど息子の園の行事でエプロンが必要になったので、センスなし、ぶきっちょな私もレッツトライしてみました。

ネットで検索し、参考にさせてもらったのが、ぼうし、かたがみHaro*BehさんのHP。

キッズエプロンのかたがみが無料でダウンロードでき、作り方も丁寧に紹介されています。

P1020483_2


自分で脱着できるように、首と腰の紐はゴムになってます。腰ゴムの固定はマジックテープ。

本来はカラーゴムで作るのですが、普通の白ゴムしか家になかったので、同布でカバーしてみました。

リバーシブルです。

P1020482_2

生地に厚みが出て、いい感じになりましたgood

久しぶりのミシンは、楽しかったです!

自分のぶきっちょ加減を再確認しちゃいましたけどね~coldsweats01

慣れれば何とかなる…ハズ(笑)

機会があれば、また何か作ってみたいと思います♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

幼稚園 節分会と週末スキー

2月3日に、息子の通う幼稚園の行事で節分会がありました。

20120203125200001

福は~内、の豆まき大会です♪

ちいさな袋に入った豆をまくのですが、その中に紙が入ってるとアタリshineコレを目当てに、保護者だけでなく、檀家さんやご近所さんも集まってきます。

軍手やマスク、バケツなど準備万端なベテラン多し(笑)

息子には、上をみないで下だけ見てな~と、建前方式を伝授。そのかいあって、豆はたくさん拾えましたが、紙入りは1個だけでした。紙を開くと景品が書いてあります。ドキドキheart01

結果は…フルーツ缶1個でした~。

お友達はゴミ箱、たこ焼き器をゲットしたそうな。他にはキャンディーやお守り、鍋とかラジコンを交換している方も~。来年に期待です。

帰宅後、園ものの洗濯を済ませ、おでかけの準備。

懲りずに栂池に行ってきました。やっぱり雪(笑)

20120204093000001

お向かいの駐車場には雪の山らしきものが。えらい雪の量ですsnow

20120204093000011_2

普段なら撤退の天候ですが、息子もそろそろ雪に慣れてきたでしょ~。という事で今回はちゃんと滑ります。

朝ごはんは白ご飯に塩付海苔をまいておにぎり。簡単だけど、けっこうイケますgood

20120204095300001_2


支度を整えてゲレンデへ。息子、初めてのゴンドラ。乗るのに苦労しました~。

20120204112000001

4歳児にはスキーブーツで階段はしんどかったみたいです。乗っちゃえばいいんですけどね~。

ゴンドラの頂上駅からは、平らな林間コースがあるので、息子でもすべってこれます。でもちょっと平らすぎ…ボーゲンヘルパー付けたままなら、中級者コースの方がすんなり滑れました。

ゲレンデはかなりの混雑。お泊りスキーと言えば、今でも栂池なのかな?

ゴンドラ下の駐車場からも少し坂道を歩くので、幼児にはちょっと大変かもしれません。

その後、大町まで戻り薬師の湯でお風呂に入ったあと、鹿島槍へ。

晩御飯は期限をすぎ熟成されたパックご飯&親子丼。美味しく頂きました。そのままご就寝。

20120204210000001

明け方5時過ぎ、ふと目を覚ますと、シンクのあたりからコツコツと音がしてますsign02

どうもFFヒーターみたいです。ヒーターを消すと音も消えます。ちゃんと温風はでるし、エラーの点滅も出ていないのですが、ひたすらコツコツいってますsweat02

気になって眠れずにいると、次はポンプのモーターが勝手に動き出しsign03

我が家のアトムに何かいる~sweat01

その後は全然眠れませんでした。

寝不足の朝

20120205075500001


雪化粧した木立がキレイで眩しいです。このあとすっきり晴れて暖かいスキー日和となりました。

私は寝不足と体調不良だったので早めに帰還しました。林間コースばかりで足が笑っちゃってます。

息子とパパはそれなりに満喫してきた様子

20120205124100001


3時ごろ撤収しました。

帰りに諏訪湖のSAで食べたいちごのクレープheart04プリンをトッピングしました。(全然見えてないけど~)

20120205172700011


ほとんど息子に食べられちゃいましたが、美味しかったです♪

さて~。早割チケットはあと2箇所残ってますが、園の行事やらパパの用事やらが目白押しです。ちゃんと使いきれるかな~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »